ホーム初勝利&今季初の複数得点♪こりゃめでてーな!|北九州 2-0 琉球

ようやくのホーム初勝利、やっぱりミクスタで勝たないとネ。そして複数得点での勝利、上昇気流に乗ってきた!?

序盤の山場

明治安田J3リーグは今日が第9節。平日のナイトゲームで行われる試合です。
4月になりまして、6日(土)に富山戦、本日の10日(水)が琉球戦、14日(日)に讃岐戦、17日(水)にルヴァンカップの町田戦、14日(日)が八戸戦と、中2日・3日しかない5連戦。
序盤戦の山場ですね。ここで勝ち点を延ばせるかどうか、前半戦のカギとなりそうです。

改めまして本日はホーム、ミクニワールドスタジアム北九州にFC琉球を迎え撃つ一戦。
スタメンを見てみますと、

先発メンバー
GK 27 田中悠也
DF 22 山脇樺織
DF 4 長谷川光基
DF 13 工藤孝太
DF 33 乾貴哉
MF 34 高吉正真
MF 14 井澤春輝
MF 17 岡野凜平
MF 8 若谷拓海
MF 21 牛之濵拓
FW 10 永井龍

前節からのスタメン変更は4人。坂本、杉山、喜山、高昇辰が外れて、山脇、長谷川、高吉、若谷が入る布陣。
何せ5連戦、スタメン・交代の使い方が大きなポイントとなりそうです。

初物づくし

一進一退の攻防で、どちらに転んでもおかしくない展開の前半30分にギラヴァンツ北九州の左コーナーキック。
キッカーの岡野は右足で山なりのボールを蹴り込むと、これに反応した長谷川光基がペナルティエリア内からヘディングで見事に下に叩きつけるシュートはゴール左下へ決まり、北九州が先制!
綺麗なセットプレーでしたね。こういう攻撃のバリエーションがあると、今後、相手チームが警戒してくれることでしょうし、試合の流れも良くなりますね。

で、そのまま北九州が1点リードで前半終了。

後半開始から琉球が2枚の交代カードを切ってきました。
リードしているだけに北九州は動きづらいですよね。

選手交代の効果か、前半よりも琉球がボールを持つ時間帯が長くなった後半。
北九州もチャンスはつくるものの、なかなか琉球DF陣を崩しきれません。

そんなこんなの後半38分、バックパスを受けようとしたGK田中悠也がペナルティーエリア内で相手選手を倒してしまい、PK謙譲...
が、しかーし! キッカーの白井は右足でシュートを放ち、GK田中の逆を突くも、枠の右に外れ、事なきを得る展開...うーん、今日はついてる!?スタジアムの雰囲気が外させたかな。

で、その直後の後半39分、中央から左サイドに駆け上がった平原隆暉が相手DFに倒されかけるも再び体制を整えてシュート気味のセンタリング。これが相手DFに当たってゴールの中へ...ギラヴァンツ北九州の追加点!!
後にオウンゴールに訂正されたのですが、もうね、90%平原のゴールですよ、コレ。

で、そのまま試合終了。

試合結果|北九州 2-0 琉球

試合結果|北九州 2-0 琉球

ギラヴァンツ北九州 20 FC琉球
(Goal:長谷川光基, オウンゴール)

今季、ホームゲーム初勝利です。やっぱりミクスタで勝たないとネ!
おまけに今季初の複数得点。なんかチームが上昇気流に乗ってきたということでしょうか。

どちらに転んでもおかしくない内容でしたし、琉球のPKが決まっていたら、勝ち点が1だったかもしれないし、0だったかもしれません。
ま、結果2-0は上出来です。こりゃめでてーな!

この勢いで連戦を乗り切ってほしいです!!