PKで先制するも後半は劣勢…かろうじての勝ち点1|北九州 1-1 讃岐

ホーム連戦、2戦目の讃岐戦。PKを得て先制するも、後半は讃岐の猛攻に合い防戦一方。結局、1-1ドローでした。

ホームで連勝したい

今節で明治安田J3リーグは第10節。全38節であることを鑑みると、第一コーナーを曲がり終える頃ですね。
前節、琉球相手に複数得点&無失点。しかも今節もホームと良い流れで来ているので、気持ち良く連勝と行きたいところです。

今節はホーム、ミクニワールドスタジアム北九州にカマタマーレ讃岐を迎え撃つ一戦。

先発は、

先発メンバー
GK 27 田中悠也
DF 22 山脇樺織
DF 4 長谷川光基
DF 13 工藤孝太
DF 33 乾貴哉
MF 34 高吉正真
MF 11 喜山康平
MF 17 岡野凜平
MF 20 矢田旭
MF 21 牛之濵拓
FW 10 永井龍

前節からのスタメン変更は2人。井澤と若谷が外れて、喜山と矢田が入る布陣。

PKで先制!でも後半は…

両チーム、なかなかゴールまで迫り切れない、ちょっともどかしい感じの前半戦。

そんなこんなの前半27分、ギラヴァンツ北九州がこの試合1本目のコーナーキックを獲得。
このCKからのポジション争いでペナルティーエリア内でギラヴァンツ北九州の選手が倒されてPK獲得。思わぬ形でチャンスがやってきます。
蹴るのは永井龍、落ち着いて右足でゴール右下に突き刺して、ギラヴァンツ北九州が先制!

流れの中からではありませんが、良い時間帯に先制できました。
で、1点リードで前半終了、悪くはない折り返しです。

後半開始から交代カードを切るのは、ホームでリードしているギラヴァンツ北九州。
矢田に替えて高昇辰を投入。追加点を取りに行く姿勢、良いと思います。

ところが...むしろ後半勢いが付いたのはアウェイの讃岐。
徐々に讃岐に攻め込まれる時間帯が長くなります。

そんなこんなの後半23分、カマタマーレ讃岐の左コーナーキック。
キッカーの江口が右足でボールを蹴り込むと、讃岐の選手も北九州の選手も触れることなく、ゴールに吸い込まれて同点に...
うーん、なんかスポットが開いてしまったというか、絶妙なところにボールを入れられてしまったというか...そんなセットプレーでした。

その後もどちらかというと讃岐が押し気味に試合が展開され、正直、次の1点が入るとしたら讃岐かな、そんな流れでした。

なんとか・どうにか、追加点は奪われずに...

試合結果|北九州 1-1 讃岐

試合結果|北九州 1-1 讃岐

ギラヴァンツ北九州 11 カマタマーレ讃岐
(Goal:永井龍)
先制こそしましたが、流れは完全に讃岐でした。むしろよく勝ち点1を得ることができた、そんな内容です。
あ、褒めている訳じゃないですからね、こんな試合じゃダメなんですよ、ってことです。

次節はアウェイの八戸戦ですが、その前に水曜日にルヴァンカップがありますね。J1で首位を走る町田相手。失うものはもう何もない、力の限り駆け出せ~!

覆面調査ミステリーショッパーのファンくる